HOME>オススメ情報>人工骨を使用する場合と、自分の骨を移植する方法があります

顎の骨量が少なくても治療が受けられます

診療室

インプラント手術は、顎の骨に穴を開けて人体と親和性の高い歯根を植え込む必要があります。顎の骨量が十分にある場合は問題ありませんが、顎の骨が痩せていると、様々な支障が出てしまいます。外科手術を行ってから、歯根が抜け落ちてしまったり、見た目が良くないなどのデメリットがあります。入れ歯を長く使用していると、顎の骨量が減ってしまうこともあります。顎の骨量が少ない場合でも、骨移植を行うことでインプラント治療できるケースもあります。他の歯科クリニックで断られた経験のある人も、骨移植に対応をしているクリニックに相談をしてみると良いでしょう。専門的な知識を持った歯科医師が丁寧に説明をしてくれます。

顎の骨を増やすことで治療が可能です

インプラント

インプラント治療で骨移植が必要な場合は、自分自身の骨を使用する場合と人工骨を移植するケースがあります。顎の骨量が少ない場合は、移植をして骨を増やすことで、歯根を植え込むことが出来ます。基本的には保険適用は受けられないので、高額な費用が必要です。歯科クリニックでは、デンタルローンやクレジットカードの分割払いにも対応をしています。信頼できる歯科クリニックを選ぶと、費用の相談もしやすいので安心して通院が出来ます。

豊富な経験や高い技術が必要です

治療器具

インプラント治療のメリットは、ブリッジとは違って、健康な歯を削る必要がない点です。骨移植は豊富な経験や、高い技術が必要なので、口コミで評価の高い歯科クリニックを選ぶ必要があります。完全予約制のクリニックが多いので、予約の取りやすさを重視することが大事です。骨移植をすることで、しっかりと顎の骨に定着しますし、審美性に優れた治療が受けられます。天然の歯と同様に美しいので、見た目の印象が良くなり、コンプレックスから解消されます。

広告募集中